合格者の声

高卒程度最終合格者

高卒程度最終合格者よりいただいた当校に関する感想を掲載しています。

原口紗季HP
H・Sさん

【長崎南高】

裁判所一般職高卒者福岡高裁管内、 税務職員九州、長崎市高卒程度事務、 福岡市高卒程度初級行政

私が勉強で最も大事にしていたことは復習です。必ずその日のうちにその日に授業があった科目の復習をしていました。過去問は配られたらすぐに計画を立てて取り組みました。本校では、過去問や模擬試験(※4~10月で12回実施)、小テストが多くあるので、これらを有効活用すると良いと思います。校内で上位にいれば、自分の希望する官庁だけでなく、それより難しい官庁にも挑戦することができるので、その分選択肢の幅が広がります。面接は素直に話すように、また笑顔で話すように心がけました。

中村伊吹HP
N・Iくん

【海星高】

長崎市高卒程度事務、長崎県高卒程度警察事務、 裁判所一般職高卒者広島高裁管内、 国家一般職事務九州、海上保安学校学生特別

入学した当時は、高校受験と大学受験に失敗した経験があるにも関わらず、そこそこ頑張っていれば何か一つくらいは受かるだろうと甘々な考えを持っていました。すべての官庁で一次試験不合格になって、そこから何があっても放課後は残って20時まで勉強することを決めてやりました。二年目の5月に受けた海上保安学校学生特別の試験で最終合格をいただくことができ、自分もうれしかったのですが、それ以上に家族や先生方が喜んでくれたのがすごくうれしくて、そこからもっと頑張ることができました。

眞木虎之介HP
M・Tくん

【長崎工業高】

国家一般職事務九州、長崎市高卒程度電気、 九州国立大学法人等電気、長崎県警察官Ⅲ類、 海上保安学校学生特別・定期

高校3年のときに、自分で勉強して公務員試験に挑みましたが全敗し、人生で初めて挫折を味わいました。高校の先生や親に励まされ、昼間部入学前の春期講座から全力で取り組みました。本校に通ったことで、周りのみんなが同じところを見つめている、その場所に自分をおくことにより、今年は必ず受かるという気持ちも強くなったと思います。職員室が思ったよりオープンで、勉強や面接で困ったときは先生に質問しやすいところや、日々、試験情報や面接対策がすぐ手に入り情報が得られたこともよかったです。

浦颯士郎HP
U・Sくん

【長崎南山高】

長崎市高卒程度事務、 長崎県高卒程度警察事務、長崎県警察官Ⅲ類、 日本郵便㈱

将来は長崎で働きたいという思いが強くあり、長崎市役所を目指すようになりました。本校は長崎駅近くにあることと合格率が高かったことから入学を決めました。先生方のオリジナルテキストがとても分かりやすく、勉強がしやすかったです。二次試験の面接対策では笑顔が出ていないと言われたので、日常生活でも笑顔を出せるよう意識して生活しました。自分から人に積極的に話しかけるようにすると自然に笑顔を出せるようになりました。面接で大切なのは素直さ、笑顔、対応力だと思います。

梅木拓也HP
U・Tくん

【西陵高】

国家一般職事務中国、 長崎県警察官Ⅲ類、 海上保安学校学生特別、日本郵便㈱

県知事認可の学校ということと、合格率の高さ、そして先輩からの薦めもあって本校に入学しました。分かりやすい授業や、質問しやすい環境、放課後や土日祝日に勉強できる自習教室があるので、集中して取り組むことができました。同じ夢を持った人たちが集まるので、身近に仲間であり、かつライバルがいるということで、毎日刺激になりますし、定期的にある模擬試験でも負けたくないという思いからモチベーションにもなりました。実際に公務員として働いていらっしゃる卒業生の方々が、学校に来て勉強のアドバイスや仕事についても話してくださる機会がありとても良かったです。

長濵未来HP
N・Mさん

【諫早商業高3年】

諫早市事務Ⅲ、 長崎県高卒程度警察事務

 友人から本校の話を聞き、生徒一人ひとりに真剣に向き合ってくださること、先輩方も本校で頑張って公務員になったことを知って、夜間講座に入りました。自分なりに勉強していたつもりでいましたが、初めての本試験で自己採点をして、自分の努力の足りなさに気づかされました。自分を変えようと思い、今まで以上に暗記系に力を入れて、分からないところはすぐ聞くようにしました。高校でも電車の移動中も、専門学校も常に一緒にいて、自分がまだまだ勉強が足りていないことを思わせてくれる友人がいてくれて、切磋琢磨し合える仲間がいてくれたからこそ頑張れたのだと思います。
上畠悠貴HP
U・Yくん

【口加高】

福岡県Ⅲ類一般事務、 南島原市高卒程度一般事務

社会人として働く中で、もっと広い分野で地域に貢献できる仕事がしたいと思ったことから公務員を目指そうと考えるようになりました。仕事を辞めて本校に入学するのは、非常に勇気のいる決断でしたが、友人から話を聞き頑張ることに決めました。授業が分かりやすく、先生方の話を集中して聞き、学生寮(※男子のみ)に戻ってからは、その日のうちに復習をきちんと行い、自分のものにすることを心がけてやりました。初めは不安ばかりでしたが、高校新卒のクラスメイトとも親しくなり、充実した学校生活を送ることができました。

馬込安裕HP
M・Aさん

【上五島高】

長崎県高卒程度教育事務、 長崎市高卒程度事務、税務職員九州、 裁判所一般職高卒者福岡高裁管内、 (独)国立病院機構九州

地元から離れて、知らない人ばかりの中に自分がなじめるのかとても不安でしたが、クラスの人と分からないところを教え合ったり、休み時間も一問一答をやったりすることで、切磋琢磨しながら勉強することができました。親元を離れるにあたって、体調管理にも気をつけました。下宿では、みんなでご飯のときに「〇時まで勉強した」とか言い合っていて自分も頑張らなきゃと思う機会も多くありました。第一志望に合格することができ、ずっと応援してくれていた母に良い報告をすることができて本当によかったです。

小佐々朋世HP
K・Tさん

【大村高】

大村市高卒程度一般事務、 長崎県高卒程度教育事務、税務職員九州、(独)国立病院機構九州、日本郵便㈱

もともと大学進学を考えていたのですが、志望していた大学に合格できなかったので、公務員になりたい気持ちもあったことから、切り替えて本校に入学しました。初めのうちは、高校の友だちのほとんどが大学に通うなか、自分は就職のために勉強していることに辛くなったこともありましたが、今はここにきて本当に良かったと思っています。先生方の授業がわかりやすく、成績を伸ばすためにたくさん工夫をしてくださったこと、相談に行くといつも親身になって話を聴いてくださったことで、頑張ることができました。

鵜林海翔HP
U・Kくん

【諫早商業高】

諫早市事務Ⅱ、国家一般職事務関東甲信越、 海上保安学校学生特別、 (独)国立病院機構九州

高校3年生のときに公務員試験を受験して、一次合格をいくつかいただくことができたのですが、今まで人に向かって自分の意見を話すことなどをあまり経験したことがありませんでしたので、すべて不合格になってしまいました。昼間部に入学してからは、勉強を頑張ることはもちろんですが、自分からたくさんの人に話しかけるように心がけ、相手の話をよく聞いて自分の意見を話していくなかで、自然な笑顔も出るようになったと思います。早い時期に一つ最終合格をいただくことができ、余裕をもって進めることができました。

島内浩明HP
S・Kくん

【長崎商業高】

長崎市高卒程度消防、 長崎県警察官Ⅲ類、 東京消防庁消防官Ⅲ類

私は高校3年生の途中から夜間講座に入りましたが、正直気持ちが入っておらず勉強していませんでした。ただ、本試験を経験したことで、しっかり勉強すれば合格できるのではないかと思いました。昼間部はみんな勉強するために来ていたので、勉強するのが当たり前で、しない人のほうがおかしいとなる雰囲気だったので、とても勉強しやすかったです。高校の成績もあまり良くなかった私が合格できたので、本当に自分の頑張り次第だと思いました。私が目標としていた消防官は、同じクラスの中でも目指している人が多かったのでお互いに高めあうことができました。これから職場の同期として、ともに頑張った仲間が数多くいることは本当に心強いです。

葉山友祐HP
H・Yくん

【長崎鶴洋高】

長崎市高卒程度消防、東京消防庁消防官Ⅲ類、 税務職員九州、長崎県警察官Ⅲ類、 海上保安学校学生特別・定期、 自衛隊一般曹候補生

高校3年生のときに独学で公務員試験を受験しましたが、合格には届かず悔しい思いをしました。友人や先輩が本校に通って公務員になっていく姿を見ていたので、私もここで頑張ろうと思い入学しました。専門学校に入って、ようやく自分の学力の低さに気がつきました。そこから、その遅れを取り戻すために、毎日本気で勉強して、ようやく追いついたと思います。いつでも先生に質問に行きやすい環境でしたので、苦手科目も克服することができました。現実を受け止め、今自分に何が足りないかを考え、努力し続けることができれば、思い通りの結果がついてくると思います。期待と覚悟を持って取り組んでみてください。意志あるところに道は開ける!

原口孝志HP
H・Tくん

【諫早農業高】

県央広域高卒程度消防Ⅱ、 国家一般職事務関東甲信越

高校3年生のときに公務員試験を受験し、自分なりに勉強したつもりでしたが、一つも一次合格をいただくことができませんでした。地元の先輩が、本校に通って消防官になっていたこと、二次試験の対策までしっかりやってくださるという話を聞いて入学しました。教養試験で課されるすべての教科を、基礎からやっていただけたので授業に集中して取り組みました。教養試験の対策だけでなく、作文や面接の対策をしっかりやっていただけたのが良かったです。最後まであきらめず、自分を信じて頑張ることが大切です。

櫻田克志HP
S・Kくん

【五島高】

五島市高卒程度消防士、東京消防庁消防官Ⅲ類、 国家一般職事務九州、長崎県高卒程度一般事務、 長崎県警察官Ⅲ類

親元を離れて寮生活に慣れるのに少し時間がかかりましたが、家族をはじめ応援してくれている人がたくさんいることが支えになりました。他の人と同じだけ勉強するのではなく、少しずつ自分なりに考えて+αを取り組み、先生方がいつでも質問に分かりやすく対応してくださったので、どんどん理解できるようになりました。周りの方々への感謝の気持ち、常にライバルが近くにいたので負けたくないという気持ちを頑張る力に変えることで、成績が伸びない時期も諦めることなく継続することができました。

宗勝士HP
S・Kくん

【海星高】

長崎県警察官Ⅲ類、 東京消防庁消防官Ⅲ類

これまでは部活動中心の生活でしたので、模擬試験でも思うような結果はなかなか出ませんでした。しかし、野球を通して身につけた負けん気を持って、復習は必ず納得いくまでするようにして、土日も学校へ行き自習しました。先生方のオリジナルテキストが分かりやすく、本試験でも出題されました。勉強ももちろん大切ですが、あいさつやルール、時間や期限を守ることなど普段の生活から意識を高く持って取り組むことが大切だと思います。今まで応援してくれた家族への思いと、仲間がいたから頑張ることができました。

宮﨑悠矢HP
M・Yくん

【瓊浦高】

長崎県警察官Ⅲ類、 長崎市高卒程度消防

昼間部に入学してから、今まで避けてきた勉強に向き合い本格的に頑張りましたが、初めの方の模擬試験の点数がとても悪く、危機感を感じるようになりました。朝は一時間早く学校に来て、放課後は20時まで残るようにしました。家にいると妥協してしまう自分もいたので、仲間と刺激し合いながら頑張りました。授業に集中する方が大切だと思いましたので、夜遅くまで頑張るより、体調を考え睡眠もきちんと取りました。勉強の合間に、気分転換も兼ねて体を動かすようにしたほうが良いと思います。

平山穂花HP
H・Hさん

【長崎純心高3年】

長崎県警察官Ⅲ類

小学校の頃から目標にしていた警察官になるために、高校3年の4月に夜間講座に入りました。勉強の量や、たくさんの科目、厳しい現実を目の当たりにし、したこともない勉強についていくのが必死でまったく余裕はありませんでした。自分の夢をたくさんの人が応援してくれているのに、叶えることができなかったらどうしよう、と底知れぬ不安におそわれて泣きながら勉強することもありました。この日々を乗り越えていくことができたのは、同じように夢を持つ仲間と自分自身の強い気持ちがあったからだと思います。自分を信じて、想う気持ちがあれば自然と行動にもあらわれてきます。

嶋田健太HP
S・Kくん

【波佐見高】

長崎県警察官Ⅲ類、 愛知県警察官B、 海上保安学校学生定期

私は今までほとんどの時間を部活動に注ぎ、勉強はしてこなかったので、本校に入学する際の入学試験でもとても低い点数で、相当努力しないと合格しないレベルでした。昼間部に入学してから、気を引き締めて取り組んでいたつもりでしたが、学校生活にも慣れてくるにつれて気が抜け、勉強の辛さから自分に負けてしまうときもありました。しかし、周りの友だちが模擬試験で点数を上げていく中、自分の点数はまったく上がらず、「このままではいけない」と本気で取り組むようになりました。同じ目標を持った仲間と意識を高めあうことができたのも良かったです。