合格者の声

高卒程度最終合格者

高卒程度最終合格者よりいただいた当校に関する感想を掲載しています。

福島なつみHP
F・Nさん

【長崎北高】

長与町高卒程度一般事務、 長崎県高卒程度一般事務、 国家一般職事務九州

高校の先輩が本校に通って、公務員として働いていること、また高校3年生の時に夏期講座に参加して授業がとても分かりやすかったことから高校卒業後に昼間部に入学しました。先生方のオリジナルのテキストがとても勉強しやすかったです。私は2次試験の面接が不安でしたが、模擬面接を重ねることで、だんだん自信を持つことができるようになり本番でも活かすことができました。後期の授業では、パソコン、簿記、ペン字、電卓などこれから公務員として働いていくうえで大切なことも学べたことも良かったです。

池田康司郎HP
I・Kくん

【長崎商業高】

長崎県高卒程度警察事務、長崎市高卒程度事務、 国家一般職事務九州、長崎県警察官Ⅲ類、 太宰府市一般事務、海上保安学校学生特別、 九州地区国立大学法人等事務、日本郵便㈱

兄や同級生が本校の夏期講座に参加して公務員になったことから昼間部に入学しました。それぞれの試験の過去問など、対策が整えられており、数多くの問題に取り組むことができました。また、同じクラスの一緒に頑張ってきた友人の存在も大きかったです。 定期的にある模擬試験(※4~10月で12回実施)では、毎回勝負をすることで競争意識が生まれ、どんなにきつくても彼らに負けたくないと思いがんばることで、モチベーションと成績の向上に繋げることができました。

堀内光希HP
H・Kくん

【長崎工業高】

長崎市高卒程度事務、 長崎県高卒程度一般事務、 国家一般職事務九州、裁判所一般職高卒者、 海上保安学校学生特別

高校3年生のときに夏期講座に参加し、模擬試験(※夏期講座期間中では2回実施)で出題範囲の広さや1点の難しさを知りました。現役で受けた公務員試験には合格をいただけませんでしたが、夏期講座で経験していたからか昼間部に入ってから早い段階でコツをつかむことができました。授業でやったところ、先生方が「ここはよく出る」と言ったところは、実際の試験にもよく出題されていました。休みの日にも学校に行って自習をやるようにしました。他の人もたくさんいたので、意識を高く持ってやれたと思います。

亀井稜HP
K・Rくん

【長崎鶴洋高】

税務職員九州、長崎県警察官Ⅲ類、 大阪府警察官B、自衛隊一般曹候補生、 自衛官候補生

高校のときには積極的に勉強するほうではなかったので、初めは毎日30分ほど机に向かい勉強する習慣をつけることからやりました。少しずつ時間を延ばしていき、最終的には毎日最低でも3時間はするようになりました。集中力が切れそうなときは、筋力トレーニングなどで気分を変えるように心がけました。クラスには同じ目標を持った人たちがたくさんいたので、モチベーションを維持することができ、また本番の試験の際にも、会場には知っている人たちばかりだったので、さほど緊張せずに試験に挑むことができました。

土井翔太HP
D・Sくん

【西陵高】

国家一般職事務九州、東京都Ⅲ類事務、 長崎県高卒程度警察事務、 大村市高卒程度一般事務、 太宰府市一般事務、日本郵便㈱

私は高校3年生のときから2年半本校に通って、ようやく合格をいただくことができました。公務員試験で多く出題されている問題を落とさないための授業や小テストを多くやっていただいたので、本番で焦ることは少なかったように思います。授業でやった内容をその日のうちに復習することを徹底しました。1年目は2次試験で不合格となり悔しい思いをしましたが、周りにいる合格した人たちと比べてどういうところが違うのか、また自分に不足しているところはどこかを踏まえて、2年目へ向けての改善に早く取りかかることができました。絶対に合格するんだという強い気持ちが大切です。

福添仁菜HP
F・Nさん

【諫早商業高3年】

諫早市事務Ⅲ、 長崎県警察官Ⅲ類

私は両親に早く恩返しがしたいと思ったことから就職を決意しました。高校3年生の6月から夜間講座に入りましたが、実際に通ってみて、学校の宿題もあるしテストもある、行事もあるという中で毎日通い続けたので、体力的にも精神的にもきつかったです。高校では休み時間や放課後も使って勉強し、夜間講座に通う電車の中でも暗記物をやりました。周りの人よりも勉強を始めるのが遅かったので不安な気持ちでいっぱいでしたが、この学校に入って、生きていて一番勉強したなというくらい勉強してやっと自信にかわりました。決して諦めず、最後まで精一杯頑張ることが大事だと思います。

堀内恵太HP
H・Kくん

【海星高】

長崎市高卒程度事務、 長崎県高卒程度警察事務、 長崎県警察官Ⅲ類、東京消防庁消防官Ⅲ類

高校の先生方にすすめられたこと、合格率や学生の満足度が高かったことから本校に入学しました。初めはなかなか勉強に対して向き合えず勉強量も少なかったのですが、大学進学した高校の友人に負けたくないと思いから自分を奮い立たせて取り組みました。授業の質が高く、先生方のオリジナルテキストは実際の出題傾向に沿った内容でとても分かりやすかったので、授業に集中することを第一に考え、放課後や自宅に帰ってからの自習も頑張りました。勉強の環境はとても整っているので、あとは自分の頑張り次第です。

住屋佳穂HP
S・Kさん

【上五島高】

新上五島町一般事務、 税務職員九州、警視庁職員Ⅲ類事務、 自衛隊一般曹候補生、日本郵便㈱

高校時代は分からない問題があると先生方へ質問に行っていましたが、行ったことに満足して「自分は頑張っている」と思っていました。島では高倍率の試験の機会がなく、高校3年生のとき夏期講座に参加して、同じ目標を持っている高校生や専門学校生がこんなにたくさんいるのかと実感しましたが、夏期講座に参加したから大丈夫だと思ってしまいました。結果は一次合格できず自分の考えの甘さを痛感しました。実家を離れ、下宿生活をしながら応援してくれている方々にいい報告ができるよう全力で取り組みました。

門畑美奈HP
K・Mさん

【長崎女子高】

南島原市高卒程度一般事務、 長崎県警察官Ⅲ類、日本郵便㈱

私は高校時代、部活動に力を入れていたため、勉強をする習慣があまりありませんでした。最初の頃は周りとの差を痛感し、焦りもありましたが「今まで勉強していなかったから仕方がない」と割り切って、周りに追いつけるように取り組みました。受験勉強を部活動の延長だと思って、仲間と助け合い、支え合いながら乗り越えることができました。私は面接に苦手意識を持っていましたが、昼間部では週に1回ある面接対策を通して、少しずつ自信につながり、一次合格後も先生からアドバイスをいただき、落ち着いて臨めました。

沖中雅明HP
O・Mくん

【鎮西学院高】

長崎市高卒程度事務、 長崎県高卒程度教育事務、 国家一般職事務中国、日本郵便㈱

兄が本校に通って公務員として働いていることから、昼間部に入学しました。初めの頃は意識が低く、勉強に集中していない時期がありました。同じ目標を持ったクラスメイトと話をする中で、このままではダメだと思い、気持ちを切り替えて取り組みました。授業に集中し、また模擬試験で結果を出している人の勉強法を取り入れたりすることで少しずつ力がついてきました。模擬試験での結果が出ず、落ちたくないという思いから受験官庁の変更も考えましたが、最後まであきらめずに必死にやったら第一志望に合格できました。

平片皇輝HP
H・Kくん

【大村工業高】

長崎市高卒程度消防、 長崎県警察官Ⅲ類、 税務職員中国、自衛隊一般曹候補生

先生方のオリジナルテキストで効率良く勉強でき、分からないところはいつでも質問ができること、また放課後や休みの日なども充実した環境で勉強できることがとても良かったです。  JRで通学をしていましたが、その往復2時間を利用して、電車の中で暗記物を覚えていきました。ときどきは1人で覚えるのではなく、友人と問題を出し合い、クイズ感覚で行うことで楽しんでやれました。また、私が目指す消防職は体力試験も課されるので、駅から家までの道の約4kmを走って帰っていました。帰る途中の公園で懸垂をしたり、スマホアプリで1500m走のタイムを管理したりして、モチベーションを高く持って取り組むようにしました。

門田僚HP
K・Tくん

【長崎日本大学高】

東京消防庁消防官Ⅲ類、長崎市高卒程度消防、 広島市Ⅱ種消防、長崎県警察官Ⅲ類、 海上保安学校学生特別、自衛隊一般曹候補生

部活動の先輩がすすめてくれたこと、また公務員専門の学校だったことから本校に入学しました。学校ではライバルを作ることをおすすめします。私は同じ高校から来た友達がいたのですが、その友達がとても成績が良かったので、負けたくないと思って勉強しました。クラスの周りの仲間も意識を高く持って勉強しているので、共に頑張れました。また、友だちと問題を出し合うことで、本当に自分が理解しているかが分かりましたし、他にも友だちの勉強の仕方をまねたりして、良いと思ったことはなんでもやりました。合格している人は、本当に一生懸命頑張っていた人です。自分と先生方を信じて、コツコツと頑張ってください。

永江祥大HP
N・Sくん

【鎮西学院高】

県央広域高卒程度消防Ⅱ、 横浜市高卒程度消防、東京消防庁消防官Ⅲ類、 長崎県警察官Ⅲ類、国家一般職事務関東甲信越、 海上保安学校学生特別、日本郵便㈱

実家が離れていたので、学生寮(※男子のみ)に入っていました。寮のみんなが目標に向かって必死に勉強をしており、互いに刺激し合い取り組むことができました。親元を離れて、身の回りのことや健康管理も自分で行い、両親のありがたさも分かり、とても良い経験でした。勉強面ではすべての教科が授業で行われたので捨て教科を作らず、各教科の小テストも毎回本気でやりました。私は作文が苦手だったのですが、模擬試験があるごとに作文も課され、添削をしていただいたおかげで文章能力がついたと思います。

元川頌梧HP
M・Sくん

【五島高】

長崎市高卒程度消防、福岡市高卒程度消防、 東京消防庁消防官Ⅲ類、長崎県警察官Ⅲ類、 自衛隊一般曹候補生、日本郵便㈱

高校3年生のときに公務員試験を受験しましたが、二次試験で不合格になってしまいました。一次試験合格に浮かれて、二次での面接を軽く見ていた自分を反省し、自分自身をきちんと表現できるように、また自分を見直し改善できるように意識して1年を過ごしました。模擬試験では良い点数のときもあったのですが、7月に行われた公開模試で、びっくりするほどひどい点数を取ってしまい、自分の勉強不足に気づき、そこからはがむしゃらに勉強しました。苦手なところにも向き合い、手間を惜しまずやりました。

田崎優史HP
T・Yさん

【瓊浦高】

長崎県警察官Ⅲ類、 長崎市高卒程度消防

私は本校に2年通って、目標としていたところに合格をいただくことができました。高校では部活動に力を入れていたので、勉強をあまりやっていなかったのですが、昼間部に入学してからは同じ目標を持つ周りの友人たちとともに、向上心を持って頑張ることができました。今振り返ると1年目の勉強は、時間だけを多く使い、自己満足にしか過ぎなかったように思います。2年目は1年目の悔しさをバネに勉強の質を上げることができました。また、日ごろの生活態度から目指す職を意識して行動するようにしていました。

山﨑唯人HP
Y・Yくん

【長崎南高】

長崎県警察官Ⅲ類、長崎市高卒程度消防、 長崎県高卒程度警察事務、 東京消防庁消防官Ⅲ類、自衛隊一般曹候補生

初めは大学進学を考えていましたが、受験に失敗してしまい、それなら大学卒業後に目標としていた警察官を早くから目指そうと考え、部活動の先輩や友人が本校で勉強して結果を出していることから、昼間部に入学しました。高校で習っていない教科への不安もありましたが、授業でのポイントを、時間内で確実にものにすることを意識しました。自分一人でできることは限られています。クラスの仲間や先生方を大いに頼ってください。素直に質問をしてください。そうすれば良い結果が見えてくるに違いありません。

廣川千華HP
H・Cさん

【長崎商業高】

長崎県警察官Ⅲ類、大阪府警察官B、 長崎県高卒程度警察事務、 海上保安学校学生特別、自衛隊航空学生、 自衛隊一般曹候補生

私は今まで授業中に寝てしまうことが多く、テスト前日にあわてて勉強するような生活をしていました。しかし昼間部に入学してからは、一生がかかっていると考え、先生方がやったほうがいいと言われることは積極的に取り入れました。授業中は自分に分かりやすいようにメモを取り、周囲に1分1秒でもおいていかれないように時間を大事にしました。授業に真剣に取り組むことで、吸収する幅が広がったと思います。二次試験の面接対策では、それぞれの個性を生かすアドバイスをいただき、自分の姿を充分に発揮するための準備や方法も身に付けることができました。

田島凌HP
T・Rくん

【長崎南山高】

長崎県警察官Ⅲ類、 長崎市高卒程度消防、 東京消防庁消防官Ⅲ類

同じ高校出身の人が多かったことと、部活動の先輩からすすめられたことから本校に入学しました。ほぼ毎日放課後は残って自習をして、その日の復習や宿題を終わらせるようにしました。時間だけ長くやっても意味がないので、やることを決めてしっかり取り組みました。一緒に頑張れる仲間が多かったことが良かったです。テストの点数で競い合ったり、分からないところを教え合ったり、ときには励まし合ったりすることで、モチベーションを維持することができました。友だちは大事です。これから先も同じ公務員として、同じ職場の同期として支え合える一生の仲間ができました。